会社をつくろう

起業は、まず最初の一歩が肝心です。

 

株式会社にするのか、合同会社にするのか・・

数ある会社形態の中で何を選択するのか、そこから起業はスタートします。

 

当事務所ではお客様の思いや現在の状況をお聞きした上で、最適なプランを提案いたします。

お客様とともに一歩ずつ理想を形にしていけるよう、サポートさせていただきます。

株式会社と合同会社

会社と聞くとみなさんが思い浮かべるのは、株式会社だと思いますが、現代では、合同会社、いわゆるLLCという形態を選択する起業家が増えています。

 

株式会社と合同会社を比較すると次のようになります。

株式会社 合同会社(LLC)
1人でも設立が可能 1人でも設立が可能
資本金は1円からでOK 資本金は1円からでOK
自分の出資した金額以上の責任は負わない 自分の出資した金額以上の責任は負わない
取締役を置かなければならない 取締役は置かなくてよい
役員の任期は10年 役員に任期はない
信頼度は高い 知名度が低いため、信頼度は劣る
重要事項は株主総会で決定する 重要事項は全社員の同意で決定する

はじめから、たくさんのメンバーと資金で事業を行うなら株式会社が良いでしょう。反対に、一人で小さく始めたいという場合は合同会社が最適です。

 

このように、思い描く理想像をもとに、最適な企業形態を選択します。

行政書士に依頼するメリット

設立費用を抑えられる!

専門家を紹介してもらえる!

設立準備に専念できる!


会社設立には、定款の作成が必須です。そしてその定款には4万円分の印紙を貼付することが法律上決められています。

しかし、定款を「電子定款」にすれば、この印紙代はかかりません

 

電子定款を作成するためには、専用のシステムが必要なのですが、一部の行政書士は、このシステムを導入しています。

 

もちろん、当事務所も電子定款システムを導入していますので、印紙代を浮かせることが可能です。

会社を運営していくうえで、行政書士をはじめ、士業と呼ばれる専門職とのネットワークを築くことはとても重要です。

 

訴訟問題→弁護士

労務問題→社労士

税金問題→税理士

登記問題→司法書士

 

といった具合です。

 

行政書士は、業務の性質上、各士業の方と一緒に仕事をすることが多いため、各専門職とのパイプ役を担うことができます。

会社設立には、書類作成や公証人役場との連絡、登記申請など、たくさんの手続を経る必要があります。

 

会社を設立するに当たって、営業活動はもちろん、事務所の備品の調達、社員の雇用、資金の調達などやるべきことが山積みのときに、このような手続はかなり時間をロスします。

 

そこで、行政書士にアウトソーシングすれば、これらの手続をお任せすることができるので、自らの営業活動に専念することができます。