会社設立で4万円節約!電子定款とは

当事務所でも、電子定款を作成できるようになりました!

これにより、会社設立時の費用を4万円安くすることができます。

 

会社を設立する際、会社のルールともいうべき「定款」を作ることになりますが、紙で定款を作成した場合は、4万円分の印紙を貼ることが法律上決められています(印紙税法別表第一)。

 

しかし、紙ではなく電子、つまりデータで定款を作成した場合は、印紙を貼る必要がなくなります。

 

したがって、印紙代4万円をうかせることができるのです。

 

電子定款を作成するには、専用のシステムをPCに導入する必要があるのですが、当事務所でも、導入が完了し、電子定款を作成できるようになりました。

 

会社設立にはお金がかかります。人件費、設備投資等、あっという間にお金が飛んで行ってしまいます。

 

初期費用をできるだけ抑えたいという方にとって、定款の印紙代を節約できるのは大きな魅力です。

 

問い合わせはこちらから