【建設業の皆様へ】指名願いの手続はお済みですか?

年始の何かと慌ただしい時期ですが、建設業では大切なイベントがやってまいりました。

入札参加資格審査申請、いわゆる「指名願い」です。

 

公共事業等の入札に参加するためには、各自治体等の入札参加者の名簿に会社の名前を載せてもらう必要があります。

 

その名簿の中から入札を経て発注先が決定するので、公共事業に参加したい事業者にとってはとても重要な名簿になります。

 

その名簿に名前を載せてもらう手続のことを指名願いといいます。自治体によって異なりますが、大体この年末年始にかけて、一斉に行われます。

 

一度名簿に掲載されれば有効期間は2年~3年ほどあります。一度自分の会社の入札参加資格の有効期限を確認して、早めの申請をおすすめします。

 

⇒ご相談はこちらから!